ひつじブックス-読書ブログ-

読んだ本の感想をまとめています。もっと本が読みたーい!

謙虚な対話が人間関係と組織を強くする!書評:問いかける技術

はじめに

マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院の名誉教授であるエドガー・H・シャイン氏の著書「問いかける技術 ― 確かな人間関係と優れた組織をつくる」は、組織心理学の第一人者である著者が、長年の研究と経験に基づき、対話における「謙虚な問いかけ」の重要性を説く一冊です。

「謙虚な問いかけ」とは、自分の知識や立場を押し付けるのではなく、相手への真の興味と敬意を持って質問をすること。

本書は、この謙虚な姿勢が、組織内での階層を超えたコラボレーションを促進し、よりオープンで創造的な対話を生み出すと主張します。

なぜ「謙虚な問いかけ」が重要なのか?

シャイン氏は、謙虚な問いかけが難しい理由と、その実践に必要な心構えを詳しく解説しています。

  • 相互理解と信頼の構築:謙虚な問いかけは、相手を尊重し、理解しようとする姿勢を示すため、信頼関係を築く上で非常に重要です。
  • オープンなコミュニケーション:謙虚な姿勢は、相手が安心して自分の考えや意見を共有できる環境を作り、よりオープンなコミュニケーションを促進します。
  • 創造性の向上:異なる視点や意見を受け入れる謙虚さは、新しいアイデアや解決策を生み出す創造性を高めます。

 

組織における「謙虚な問いかけ」の実践

本書では、リーダーシップ、チームワーク、個人間のコミュニケーションなど、様々な場面における謙虚な問いかけの実践方法を、具体的な事例を交えて解説しています。

  • リーダーシップ:部下に指示するだけでなく、彼らの意見やアイデアを引き出す問いかけをすることで、チームのモチベーションとパフォーマンスを向上させることができます。
  • チームワーク:チームメンバー同士が互いに謙虚な問いかけをすることで、より協力的な関係を築き、共通の目標に向かって進むことができます。
  • 個人間のコミュニケーション:日常的な対話においても、謙虚な問いかけを心がけることで、より深い人間関係を築くことができます。

まとめ

「問いかける技術」は、組織心理学の専門家だけでなく、リーダー、マネージャー、チームメンバー、そして良好な人間関係を築きたいと願うすべての人にとって、必読の書と言えるでしょう。

「謙虚な問いかけ」というシンプルかつ強力なツールを身につけることで、私たちはより良い人間関係を築き、より創造的で生産的な組織を創り出すことができるのです。

人間関係の構築に悩みを抱えている方には、ぜひ読んでいただきたい書籍です。