ひつじブックス-読書ブログ-

読んだ本の感想をまとめています。もっと本が読みたーい!

【思考の解像度を上げろ!】ビジネスで成果を出すための思考法とは?

はじめに

「問題解決の糸口が見つからない…」

「新しいビジネスアイデアが浮かばない…」

そんな悩みを抱えているあなたへ。

東京大学FoundXディレクターであり、数多くのスタートアップを支援してきた馬田隆明氏の著書「解像度を上げる」は、ビジネスにおける問題解決能力や、新たな価値を生み出すための思考力を高めるための実践的なガイドです。

なぜ「解像度」なのか?

馬田氏は、ビジネスにおける問題や課題を、ぼやけた写真に例えています。

解像度が低い写真では、細部が不明瞭で、何が写っているのかを正確に把握することは困難です。

同様に、ビジネスにおいても、問題や課題に対する理解が曖昧な状態では、適切な解決策を見出すことはできません。

本書で提唱される「解像度を上げる」というコンセプトは、問題や課題をより鮮明に捉え、その本質を深く理解するための思考法です。

 

4つの視点で「解像度」を上げる

馬田氏は、解像度を上げるための4つの視点として、「深さ」「広さ」「構造」「時間」を提唱しています。

  1. 深さ:問題の根本原因を深く掘り下げることで、表面的な解決策ではなく、本質的な解決策を見つけることができます
  2. 広さ:問題を広い視野で捉え、関連する情報を収集することで、より多角的な視点から問題を分析することができます
  3. 構造:問題を構成する要素や、それらの関係性を整理することで、問題の全体像を把握することができます
  4. 時間:問題が過去から現在、そして未来にどのように変化していくかを予測することで、長期的な視点で問題解決に取り組むことができます

「解像度を上げる」ことで得られるもの

本書で紹介される思考法を実践することで、あなたは以下の能力を身につけることができます。

  • 問題解決能力の向上:問題の本質を深く理解し、効果的な解決策を導き出すことができます
  • 創造性の向上:新しい視点から問題を捉え、革新的なアイデアを生み出すことができます
  • コミュニケーション能力の向上:問題を明確に伝え、チームメンバーとの連携をスムーズに進めることができます

 

具体的な方法論と豊富な事例

本書では、4つの視点を具体的な方法論として落とし込み、豊富な事例とともに紹介しています。

例えば、「深さ」を高めるためには、なぜなぜ分析や5回のWhyを繰り返すといった手法が有効です。

「広さ」を広げるためには、リサーチや情報収集が重要となります。

また、本書には、新入社員や学生でも取り組みやすいチェックリストやワークシートが付属しており、実践的に「解像度を上げる」思考法を学ぶことができます。

まとめ

「解像度を上げる」は、ビジネスパーソンだけでなく、問題解決能力や思考力を高めたい全ての人にとって有益な一冊です。

曖昧な問題に直面した時、新しいアイデアを生み出したい時、ぜひ本書を手に取ってみてください。

あなたのビジネス、そして人生を大きく変えるきっかけとなるかもしれません。

さあ、あなたも「解像度を上げる」思考法を身につけて、ビジネスの成功を掴みましょう!