ひつじブックス-読書ブログ-

読んだ本の感想をまとめています。もっと本が読みたーい!

【凡人が天才を殺す?】才能を活かす組織へ ~北野唯我著「天才を殺す凡人」を読み解く~

はじめに

「職場のあの人が苦手…」から「天才発見!?」へ。

職場の人間関係、悩ましいですよね。

「あの人はなんで評価されるんだろう?」

「私の才能、活かせてるのかな?」

そんなモヤモヤを抱えているあなたへ。

北野唯我氏のベストセラー「天才を殺す凡人」は、職場の人間関係に悩むすべての人へ贈る、才能の見つけ方、活かし方、そして組織を成長させるヒントが詰まった一冊です。

凡人が天才を殺す!?

この本では、職場に潜む「天才」「秀才」「凡人」という3つのタイプに焦点を当て、
それぞれの思考や行動の違いを浮き彫りにしています。

特に注目すべきは、凡人が無意識のうちに天才の才能を潰してしまうという衝撃的な事実。

才能を活かせない組織は、衰退の一途をたどる…そんな危機感を覚えずにはいられません。

 

才能の見つけ方、教えます!

でも、安心して下さい。

本書は、単に問題提起をするだけでなく、具体的な解決策も提示しています。

  • 自分の才能を見つける
  • 他人の才能を見抜く
  • 組織の中で才能を活かす

これらのステップを踏むことで、あなた自身も、そしてあなたの組織も、眠れる才能を開花させることができるのです。

才能あふれる組織へ

「天才を殺す凡人」は、2019年の発売以来、ビジネスパーソンを中心に大きな反響を呼び、Facebookで2万4000シェア、NewsPicksで2200コメントという驚異的な数字を記録しました。

この本を読めば、あなたはきっと、

「あの人、もしかして天才かも?」

「私にも、まだ見ぬ才能があるはず!」

そんなワクワクした気持ちで、明日からの仕事に向き合えるはずです。

 

こんなあなたに読んでほしい!

  • 職場の人間関係に悩んでいる方
  • チームメンバーの才能を活かしたいリーダーの方
  • 自分の可能性を最大限に引き出したい方

まとめ

本書に凝縮された「才能」の秘密。

あなたも、この本を手に取って、天才を活かす組織への第一歩を踏み出してみませんか?

あなたの才能が、世界を変えるかもしれません。