ひつじブックス-読書ブログ-

読んだ本の感想をまとめています。もっと本が読みたーい!

あの時こう言っておけば…書評:すごい言語化ー伝わる言葉を一瞬で生み出す魔法の法則ー

はじめに

現代社会において、コミュニケーション能力はますます重要になっています。

仕事、プライベート、あらゆる場面で、自分の考えや思いを相手に的確に伝えることができなければ、誤解を生んだり、チャンスを逃したりしてしまう可能性があります。

そんな中、近年注目を集めているのが「言語化」というスキルです。

言語化とは、頭の中にある考えや思いを、言葉という形で表現すること。

プレゼンテーション、企画書作成、チームでの議論など、様々な場面で役立ちます。

本書「すごい言語化」は、言語化のプロである木暮太一氏が、誰でも簡単にできる「すごい言語化」の法則を伝授した一冊です。

著者の紹介

木暮太一氏は、企業研修やコンサルティングなどを通して、年間1000人以上の人々に言語化指導を行ってきたスペシャリストです。

著書累計180万部を超えるベストセラー作家であり、「すごい言語化」も発売以来ロングセラーとなっています。

 

「すごい言語化」のポイント

本書で紹介されている「すごい言語化」の要点は、次の2つです。

PIDAの法則

PIDAの法則とは、

  • Purpose(目的の整理)
  • Item(項目の選定)
  • Define(項目の定義)
  • Apply(定義が伝わる表現)

の頭文字を取ったものです。

言語化を始める前に、まずこの4つの要素を明確にすることが重要です。

自分の目的が何で、何を伝えればその目的に近づくのか、その伝えたいことを明確にして、相手が理解しやすい表現にすることで、言葉が見えるようになるのです。

ビジネスの5段階

著者は、ビジネスの目的を商品を売ることだと仮定し、次の5つのステップが重要だと述べています。

  • 提供する価値(value)
  • 他社との差別化(differentiation)
  • 自社の信頼性(reliability)
  • 価値の提供される理屈(process)
  • 相手に望む行動(action)

これは自分の意見を社内で説明するときに注意すべきポイントです。

「すごい言語化」のまとめ

本書は、特に仕事における言語化についてわかりやすく解説した良書です。

誰でも簡単にできる言語化のポイントが紹介されているので、コミュニケーションを学びたい人におすすめの一冊です。

またビジネス、プライベートですぐに役立つ実践的なテクニックも紹介されています。

言語化を身につけることは、様々な場面で役立ちます。

私も本書を読んで、「すごい言語化」を身に着けたいと考えています。