ひつじブックス-読書ブログ-

読んだ本の感想をまとめています。もっと本が読みたーい!

人文・思想

【人生に絶望したあなたへ】NHKラジオ深夜便「絶望名言」が教える、暗闇から光を見出す方法

絶望名言 文庫版 作者:頭木弘樹,NHK〈ラジオ深夜便〉制作班,川野一宇,根田知世己 飛鳥新社 Amazon 人生のどん底でも、あなたは独りじゃない 生きていれば、誰しも「もうダメだ…」と絶望してしまう瞬間がありますよね。 そんな時、あなたを救ってくれるのは、…

【必読】テキストカウンセリングを学ぶならこの1冊!書評:テキストカウンセリング入門

テキストカウンセリング入門 文字のやり取りによる心理支援 テキストカウンセリング入門文字のやり取りによる心理支援 誠信書房 Amazon 現代社会における新たな心理支援の形「テキストカウンセリング」とは メールやチャットでのカウンセリング、聞いたこと…

謙虚な対話が人間関係と組織を強くする!書評:問いかける技術

問いかける技術 ― 確かな人間関係と優れた組織をつくる 作者:エドガー・H・シャイン,金井壽宏 英治出版 Amazon はじめに マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院の名誉教授であるエドガー・H・シャイン氏の著書「問いかける技術 ― 確かな人間関…

なぜ日本は息苦しいのか?書評:この国の同調圧力

この国の同調圧力 (SB新書) 作者:山崎 雅弘 SBクリエイティブ Amazon はじめに 私たちは日本社会において、様々な「同調圧力」にさらされています。 周囲の意見に合わせなければいけないというプレッシャー、集団から外れることを恐れる気持ち、こうした心理…

なぜ日本の会社は人を粗末に扱うのか?書評:未完の敗戦

未完の敗戦 (集英社新書) 作者:山崎 雅弘 集英社 Amazon はじめに 2022年に出版された山崎雅弘著『未完の敗戦』は、戦前の大日本帝国の精神文化と現代日本の社会問題の関連性を考察した本です。 本書では、太平洋戦争末期の特攻作戦から当時の上官や司令部が…

目的のためには全てを優先しても良いのか?書評:目的への抵抗

目的への抵抗―シリーズ哲学講話―(新潮新書) 作者:國分功一郎 新潮社 Amazon はじめに 現代社会において、私たちは常に何かしらの「目的」に向かって努力しています。 仕事、学業、人間関係、趣味など、あらゆる場面で目標を設定し、それを達成するために努…

こんな言い方があったのか!書評:コーチングよりも大切なカウンセリングの技術

コーチングよりも大切な カウンセリングの技術 (日本経済新聞出版) 作者:小倉 広 日経BP Amazon はじめに 近年、目標を定めて、それを達成させるための手順を指導するコーチングが注目を集め、様々な分野で活用されています。 しかし複雑な問題を対処するこ…

言葉の迷路を紐解く哲学:書評「言葉の風景、哲学のレンズ」

言葉の風景、哲学のレンズ 作者:三木那由他 講談社 Amazon はじめに 私たちは日々、膨大な量の言葉に囲まれ、それらを駆使してコミュニケーションを図っています。 しかし、その言葉が持つ意味や役割について、深く考えたことはありますか? 「言葉の風景、…

あのとき、この交渉力があれば…書評:13歳からの対話力

13歳からの対話力 (くもんこれからの学び) くもん出版 Amazon はじめに コミュニケーションは、人生において最も重要なスキルの一つです。 しかし、多くの人にとって、他人と効果的にコミュニケーションを取るのは難しいのではないでしょうか? 特に、思春期…

なぜ他人の言葉に従うの?書評:従順さのどこがいけないのか?

従順さのどこがいけないのか (ちくまプリマー新書) 作者:将基面 貴巳 筑摩書房 Amazon はじめに 近年、社会全体に蔓延する「空気」という言葉が象徴するように、個人の意見や考えを抑圧し、周囲に同調することを強いる風潮が強まっています。 しかし、そのよ…

どうしたら自分を好きになれる?書評:ありのままの私を好きになる366の質問

ありのままの私を好きになる366の質問 作者:たぐちひさと SBクリエイティブ Amazon はじめに 「ありのままの私を好きになる366の質問」は、著者のたぐちひさと氏がInstagramで発信してきた質問をまとめた書籍です。 1日1問、366の質問に答えていくことで、自…

あなたは、なぜ理不尽を受け入れてしまうのか?書評:「日本宗教のクセ」

日本宗教のクセ 作者:内田樹,釈徹宗 ミシマ社 Amazon はじめに 2023年8月に発売された内田樹氏と釈徹宗氏による対談本「日本宗教のクセ」は、私たち日本人の独特な考え方や行動を宗教という視点から捉え、その本質に迫る意欲的な作品です。 本書では、内田氏…