ひつじブックス-読書ブログ-

読んだ本の感想をまとめています。もっと本が読みたーい!

あのとき、この交渉力があれば…書評:13歳からの対話力

はじめに

コミュニケーションは、人生において最も重要なスキルの一つです。

しかし、多くの人にとって、他人と効果的にコミュニケーションを取るのは難しいのではないでしょうか?

特に、思春期は、人間関係の変化や自我の形成など、様々な課題に直面する時期です。

コミュニケーション能力の有無によっては、いじめや不登校など望まない結果の引き金になるかもしれません。

田村次朗著「13歳からの対話力」は、思春期の子供たちが直面するコミュニケーションの悩みを解決するためのヒントを提供する本です。

この本では、米ハーバード流の「交渉学」をベースに、対話の基本、相手を理解する方法、意見を伝える方法、問題を解決する方法などをわかりやすく解説しています。

「13歳からの対話力」の特徴

本書の特徴は、以下の通りです。

  • 漫画と会話劇で楽しく学べる:コミックと会話によるわかりやすい説明を組み合わせることで、楽しく読み進めることができます。
  • 米ハーバード流の「交渉学」をベースにしている:アメリカのハーバード大学で教えている交渉のテクニックを学べます。
  • 日常で役立つヒントが満載:毎日の生活の中で起こりやすい対立を解消する例が豊富に載っています。
  • 思春期の子供たちの悩みに寄り添っている:10代の子供たちが苦しみやすい問題を例に、その解決策を提示しています

 

「13歳からの対話力」の感想

本書は、思春期の子供たちが直面するコミュニケーションの悩みを解決するためのヒントが満載の本です。

13歳からと銘打ってはいますが、大人でもできている人の少ない正しい交渉力を身に着けられます。

意外と、仕事での悩みの多い、働いている親世代のほうが参考になる点の多い本だと思います。

本書は、以下のような方におすすめです。

  • 思春期の子供を持つ親
  • コミュニケーション能力を向上させたい人
  • 人間関係に悩んでいる人

本書を読んで実践すべきこと

本書を読んだら、以下のことを実践してみましょう。

  • 相手の気持ちに耳を傾ける
  • 相手の立場に立って考える
  • 自分の意見を明確にする
  • わかりやすく伝える
  • 問題を整理する
  • 解決策を検討する
  • 合意点を見つける
  • 自分自身を信じる
  • 積極的にコミュニケーションを取る

まとめ

「13歳からの対話力」は、思春期の子供たちが直面するコミュニケーションの悩みを解決するためのヒントを提供する本です。

本書を読んで、コミュニケーション能力を向上させ、より良い人間関係を築きましょう。

この記事のタイトルが意味するところは、この本の結末に関連していますので、ぜひ読んでみてください。