ひつじブックス-読書ブログ-

読んだ本の感想をまとめています。もっと本が読みたーい!

コミュニケーションの本質を捉え、真の能力を育む!書評:わかりあえないことから

この記事をシェアする

はじめに

「わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か」は、コミュニケーションの本質とその能力について深く考察し、人間関係における「わかりあえなさ」を理解することの重要性を説く一冊です。

コミュニケーション能力の定義の曖昧さ

日本企業は新卒採用においてコミュニケーション能力を重視しますが、その具体的な定義は曖昧です。

著者は、コミュニケーション能力を異文化理解能力と定義し、グローバルな環境で多様な価値観を持つ人々と効果的にコミュニケーションする能力の重要性を強調します。

 

従来型コミュニケーションとのギャップ

従来の日本企業が求めるコミュニケーション能力、例えば「空気を読む」「上司の意図を察する」といった能力は、グローバルな視点から見ると必ずしも有効ではありません。

このギャップは、就活生にとって大きなジレンマとなっています。

真のコミュニケーション能力の育成

真のコミュニケーション能力とは、異文化理解能力、つまり多様な価値観を持つ人々の意見を理解し、自分の考えを明確に伝え、相互理解を深める能力です。

この能力は、グローバル社会で活躍するために不可欠です。

コミュニケーションの本質への気づき

本書は、コミュニケーションの本質を深く理解し、真のコミュニケーション能力を育成するための道筋を示します。

コミュニケーションとは単なる言葉のやり取りではなく、人間同士の深い理解とつながりを築くためのプロセスです。

 

グローバル社会で活躍するための必須スキル

グローバル化が進む現代社会において、異文化理解能力に基づいたコミュニケーション能力は、ビジネスパーソンにとって必須のスキルです。

本書は、この能力を身につけるための具体的な方法論を提供します。

コミュニケーション能力の向上への第一歩

本書を読み、コミュニケーションの本質を理解することで、あなたは真のコミュニケーション能力を育成するための第一歩を踏み出せます。

それは、より豊かで充実した人間関係を築くための、そしてグローバル社会で活躍するための、確かな一歩となるでしょう。