ひつじブックス-読書ブログ-

読んだ本の感想をまとめています。もっと本が読みたーい!

【顧客視点で企業を劇的変革】森岡毅氏『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』を読み解く

この記事をシェアする

はじめに

日本企業の多くは、マーケティングを形骸的に導入しているものの、真に顧客視点で企業を動かす体制が整っていないという課題を抱えています。

規制、終身雇用、技術志向といった障壁が、多くの日本企業をマーケティング後進国に留めている要因として挙げられます。

このままでは、企業は顧客のニーズを捉えられず、市場で競争力を失ってしまうでしょう。

では、どうすればよいのでしょうか?本書にその答えがあります。

顧客中心主義「消費者ドリブン」という革新的な考え方

本書で紹介される森岡毅氏の「消費者ドリブン」というアプローチは、この課題に対する革新的な解決策を提示します。

USJのV字回復を成功に導いたこのアプローチは、顧客を起点に企業のマーケティング価値観や仕組みを再構築することを提唱しています。

 

売れる必然を作るための3つの顧客接点

マーケティングの本質は「売れる必然を作ること」であり、BtoCビジネスにおいては、以下の3つの顧客接点を制することが重要です。

  1. 顧客の頭の中:広告やPRを通じて、顧客にポジティブなブランドイメージを形成します
  2. 店頭:魅力的な商品陳列や販売促進策で、顧客の購買意欲を高めます
  3. 使用体験:製品やサービスの質を高め、顧客に満足度と信頼感を与えます

これらの接点を効果的に活用することで、顧客の心を掴み、リピート購入に繋げることが可能になります。

組織全体の意識改革を促す

森岡氏のアプローチは、単なるマーケティング戦略にとどまらず、組織全体の意識改革を促します。

顧客中心主義を根付かせることで、企業は持続的な成長を遂げることができます。

 

まとめ

『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』は、マーケティング理論と実践戦略の両方を網羅しており、ビジネスリーダーにとって必読の書と言えるでしょう。

森岡氏の経験と知見は、今日の競争の激しいビジネス環境において、新たな視点と深い洞察を提供します。

本書を参考に、あなたの企業のマーケティング戦略を見直し、真の消費者ドリブンマーケティングを実践しませんか?