ひつじブックス-読書ブログ-

読んだ本の感想をまとめています。もっと本が読みたーい!

ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される:ネタバレありの感想と魅力を徹底解説

はじめに

「ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される」は、とびらの先生による小説家になろう発の人気作品です。

仲倉千景先生のコミカライズは、その美しい絵柄で多くの人々を魅了しています。

お二人の先生の力の合わさった本作品は、人の心の複雑さを堪能できる仕上がりになっています。

今回は、この作品の魅力をネタバレありで解説します。

あらすじ

貧乏男爵令嬢のマリーは、美しく聡明な姉のアナスタジアとは対照的に、ボロボロの服を着て召使のように働かされていました。

ある日、国一番の大富豪であるグラナド伯爵は、マリーと出会い、一目惚れします。

しかし、伯爵はマリーとアナスタジアを勘違いしてしまい、アナスタジアに求婚してしまうのです。

伯爵が本当はアナスタジアと結婚したいのだと誤解したマリーは伯爵を拒絶しますが、伯爵は諦めず、マリーに猛烈なアプローチを仕掛けていきます。

 

登場人物

マリー

貧乏男爵令嬢。ボロボロの服を着て召使のように働いているが、心優しい性格。

美しく知的だ、ある理由から自分は醜く賢くないのだと思っている。

アナスタジア

マリーの姉。美しく聡明で、両親から愛されている。

でも、本当はやりたいことがあり自分自身を押し殺している。

グラナド伯爵

国一番の大富豪。

冷酷な性格に見られるが、マリーにだけは優しい。

マリーが絡むとポンコツになる。

ネタバレありの感想

「ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される」は、よくあるシンデレラストーリーとは一味違う作品です。

主人公のマリーは、典型的なヒロインとは異なり、自分に自信がなく、周囲の人の意見に流されやすい性格です。

しかし、そんなマリーが徐々に成長していく姿は、とても魅力的です。

また、この作品は、恋愛だけにとどまらず、家族愛や友情についても描かれています。

マリーとアナスタジアの姉妹関係は、複雑で微妙な感情が絡み合い、とても見応えがあります。

そして、なぜマリーが自分を醜いと思っているのか、その理由が徐々に明らかになっていく様子は、上質なミステリーを読んでいるかのようでした。

作品の魅力

個性豊かなキャラクター

マリー、アナスタジア、伯爵をはじめ、魅力的なキャラクターがたくさん登場します。

後半の覚醒したマリーも素敵ですが、仮面を脱ぎ捨てたアナスタジアもお気に入りです。

予測不可能な展開

ストーリー展開が早く、先が読めません。

また少しずつ謎が解明されていくごとに、ハラハラドキドキしてしまいます。

読後感の良いハッピーエンド

最後は、誰もが幸せになれるようなハッピーエンドを迎えます。

でも、まだまだお話は続くようです。

まとめ

「ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される」は、恋愛、家族愛、友情など、さまざまな要素が詰まった作品です。

ハラハラドキドキの展開と、心温まるストーリーは、きっとあなたを夢中にさせることでしょう。

まだ読んだことがない方は、ぜひチェックしてみてください。